【10/31(火)】第16回福祉懇話会のご案内 講師 石飛 幸三(特別養護老人ホーム 芦花ホーム常勤医師・医学博士)

第15回のセミナーに引き続き第16回のセミナーを下記の要領で開催いたします。

【日時】平成29年10月31日(火)13:30~15:00(開場 13:00~)
【会場】TKP東京駅日本橋カンファレンスセンター 「カンファレンスルーム210」
    東京都中央区八重洲1-2-16 TGビル
【演題】「高齢社会の我が国における介護離職の逆説~医療・介護の現場を通ってきて~」

【講師】特別養護老人ホーム 芦花ホーム常勤医師・医学博士 石飛 幸三 氏
<略歴>
1935年広島県生まれ、1961年慶應義塾大学医学部卒業、同大学外科学教室に入局後、1970年ドイツのフェルデイナント・ザウアーブルッフ記念病院に血管外科医として勤務。1972年東京都済生会中央病院勤務。30年にわたって頸動脈内膜剥離術など血管外科の発展に寄与する一方、慶應義塾大学医学部兼任講師として血管外傷を講義。1993年東京都済生会中央病院副院長。2005年12月より現職。診療の傍ら、講演や執筆、メディアを通して、老衰末期の看取りのあり方についての啓発に尽力している。著書に「「平穏死」のすすめ 口から食べられなくなったらどうしますか?」(講談社文庫)、「『平穏死』を受け入れるレッスン 自分はして欲しくないのに、なぜ親に延命治療をするのですか?」(誠文堂新光社)などがある。

【会費】無料

開場へのアクセスはコチラをご覧ください。

【フォームからのお申し込みは下記フォームに必要事項を入力の上送信して下さい。】

第16回福祉懇話会お申し込みフォーム

お名前
法人名
メールアドレス
会員種別
その他
※参加者が複数名いる場合ご記載下さい。